Domaine Bout du Monde

​ドメーヌ・ブー・デュ・モンド

from Roussillon

HISTOIRE

​シャブリで最も小さなドメーヌ!ヴァン・ドゥー。

Valerie Gavaud ヴァレリー・ガヴォ―とBill Moysanビル・モアザンの2人によって設立された2014年が初ヴィンテージのドメーヌです。

ヴァレリーは40代。本業は画家。現在は絵だけではなく、本のイラストレーターとしても活躍しています。そしてビルはヴァレリーの彼氏で、コメディアン。とてもワイン好きでヴァレリーをサポートしています。

ヴァレリーの実家は代々シャブリ地方で葡萄を栽培しており、彼女の母も生産者でしたがワインは造っておらず、葡萄は全て農協へ売っていました。その母は2010年に引退し、AOPシャブリの畑、さらに隣り合わせのプルミエ・クリュの畑の約3ヘクタールほどをヴァレリーに譲りました。

彼女は譲り受けた畑をすぐビオディナミと有機栽培に変え、葡萄を農協に売り続けながら現在もゆっくりと土壌をよみがえらせようとしています。

栽培や醸造の学校に通っていないヴァレリーは、幼いころからの畑の中での経験、母から直々教えてもらった栽培法や、知人からおそわったビオディナミを実践。醸造に関してはアリス・オリヴィエ・ド・ムールからのアドバイスなどを参考にして、ワイン造りを行っています。

特にヴァレリーは感受性豊かで、アーティストとしてのインスピレーションとフィーリングをワイン造りでも十分に発揮させており、ここが彼女のワイン造りの最大の利点であることは間違いありません。

ビルも元々ワインが大好きで博学。ワイン醸造の本も沢山読み、二コラ・カルマランやトマ・ピコなど色々な生産者と話し、ヴァレリーと共にワインを醸造しています。

2人のワインは少量生産であるにもかかわらず、すでに大きな評価を得ており、これからますます注目を浴びる生産者であることは間違いありません。

LES VINS

Brave Margot   - ヴラウ・マルゴ -

​トロピカルでエロティックな、ドメーヌ唯一の白ワイン。

ランサック村に位置する花崗岩土壌に植わる、樹齢8年ほどの若木のルーサンヌで醸造されたキュヴェで、ジョルジュ・ブラッサンスのエロティックな歌、「ヴラヴ・マルゴ」と名付られている。

遅摘みの葡萄をダイレクトプレス。プラスチックキューヴにて醗酵&熟成。熟度の高さを感じる密度の高い味わいで、香り味わい共に非常にトロピカル。通年通して楽しんでいただけるような様々な表情をみせる白ワインです。

年間生産量は1600本ほど。

L'Echappee Belle Rouge   - レシャップ・ベル・ルージュ -

​まるで出汁のような旨味と果実感を楽しめる赤ワイン。

ランサック地区の花崗岩に植わるシラーと、カサーニュ地区のグネス土壌に植わるカリニャンによって醸造されたキュヴェ。

このワインを醸造した初めての年が非常に難しいヴィンテージだった事から「なんとか乗り越えた=レシャップベル」と名付けられたキュヴェ。シラー、カリニャンを別々にマセラシオン・カルボニックし、醗酵が終わってからアッサンブラージュ。果実味フルーティーで葡萄の出汁のような旨味がしっかり伝わってくる、口当たり、喉越し共に優しい味わいのキュヴェです。

Avec le temps   - アヴェック・ル・トン -

​最高樹齢110年。一つの時代を見てきた葡萄のキュヴェ。

ランサック村に植わる樹齢110年~70年のカリニャンにて醸造されたキュヴェ。

ワインは「アヴェックトン=時と共に」と名付けられ、大木と見間違えるほどに太い幹をもつ葡萄樹をみると、時と共に流れてきた歴史を感じる事ができるということでその名が名付けられた。(中にはフランスの台木そのままのフランドピエも存在)

そんなフランスでも稀にしか出会う事のできない古樹から造られたワインはもはや国宝といっても過言ではないくらい。このワインにはそんな歴史の跡が刻まれています。

SYMPHONIE S.A.  ㈱サンフォニー  ナチュラルで美味しいワインと、生産者の情熱、笑顔を届ける輸入元です。 東京都中央区銀座4-13-3 TEL03-5565-8992