Le Debit D'ivresse

ル・デビ・ディヴレス

from Roussillon

HISTOIRE

​シャブリで最も小さなドメーヌ!ヴァン・ドゥー。

Valerie Gavaud ヴァレリー・ガヴォ―とBill Moysanビル・モアザンの2人によって設立された2014年が初ヴィンテージのドメーヌです。

ヴァレリーは40代。本業は画家。現在は絵だけではなく、本のイラストレーターとしても活躍しています。そしてビルはヴァレリーの彼氏で、コメディアン。とてもワイン好きでヴァレリーをサポートしています。

ヴァレリーの実家は代々シャブリ地方で葡萄を栽培しており、彼女の母も生産者でしたがワインは造っておらず、葡萄は全て農協へ売っていました。その母は2010年に引退し、AOPシャブリの畑、さらに隣り合わせのプルミエ・クリュの畑の約3ヘクタールほどをヴァレリーに譲りました。

彼女は譲り受けた畑をすぐビオディナミと有機栽培に変え、葡萄を農協に売り続けながら現在もゆっくりと土壌をよみがえらせようとしています。

栽培や醸造の学校に通っていないヴァレリーは、幼いころからの畑の中での経験、母から直々教えてもらった栽培法や、知人からおそわったビオディナミを実践。醸造に関してはアリス・オリヴィエ・ド・ムールからのアドバイスなどを参考にして、ワイン造りを行っています。

特にヴァレリーは感受性豊かで、アーティストとしてのインスピレーションとフィーリングをワイン造りでも十分に発揮させており、ここが彼女のワイン造りの最大の利点であることは間違いありません。

ビルも元々ワインが大好きで博学。ワイン醸造の本も沢山読み、二コラ・カルマランやトマ・ピコなど色々な生産者と話し、ヴァレリーと共にワインを醸造しています。

2人のワインは少量生産であるにもかかわらず、すでに大きな評価を得ており、これからますます注目を浴びる生産者であることは間違いありません。

LES VINS

Hyrdophobia   - イドロフォビア -

​ドメーヌ初の白ワインはセンスの良さを感じさせる完成度!

ドメーヌのグルナッシュグリと買い葡萄のマルサンヌとカリニャングリを葡萄の房まるごと4時間プレス機にかけ、ステンレスタンクにてそれぞれ3週間の発酵。そこから400リットルの木製樽に移し替え4カ月間の熟成。その後にアッサンブラージュを行い瓶詰させたキュヴェ。

濃厚でリッチな味わいながらも、非常に綺麗な酸があり、全く飲み疲れのしないバランスのよい味わいの構成となっております。

生産者みずからがデザインしたムンクの叫びが目を引く面白いエチケットです。

L'appat du Grain   - ラパ・デュグラン -

​魅力に取りつかれてしまうような果実味豊かな赤ワイン。

前年とは構成が全く変わり、カリニャン65%、ムールヴェードル35%の構成。フランス語に「ラパ・デ・ギャン=お金に取りつかれる」という言葉あり、それに「Grain=葡萄の粒」をかけて、「ラパ・デ・グラン=葡萄に取りつかれる・惹きつけれる」と命名したキュヴェ。カリニャン、ムールヴェードルをそれぞれマセラシオンカルボニック。3~4週間の発酵後、木製樽で6カ月間の熟成。その後アッサンブラージュ。

南の熟度がありながら、非常にジューシー。ドメーヌのワインの中では重めの仕上がりですが、生産者本人はこのワインをお供にいつも食事を楽しんでいるとの事。

まさに名前のとおり、このワインに惹きつけられたかのように、瞬く間に1本空になってしまう味わい!

Bottle Neck   - ボトル・ネック -

​まさにボトルネック奏法のように滑らかでツルツルの喉越し。

醸造所の周りに広がる畑のシラー70%とグルナッシュ30%によるキュヴェ。

「ボトル・ネック」とはギターの奏法のひとつで、スライドバーと呼ぶ棒を指に装着し、弦がフレットや指板から浮いた状態のままバーを任意の位置で弦に接触させ、ピッキングして発音する奏法。 このワインのタンニンも、滑らかで滑るように喉を通り、まるでボトルネック奏法をイメージさせる事から命名。

ベリーの香りがボトルから溢れ、赤いフルーツとスパイス感満載の果実味いっぱいのキュヴェです。

SYMPHONIE S.A.  ㈱サンフォニー  ナチュラルで美味しいワインと、生産者の情熱、笑顔を届ける輸入元です。 東京都中央区銀座4-13-3 TEL03-5565-8992