L'Absurede Genis des Fleurs

​ラブシュルドゥ・ジェニ・ド・フルール

from Languedoc

HISTOIRE

​複合農業を目指して、ラングドック・ベダリュー村に辿り着いた2人のカップル。

ルトンデスリーズのアクセル・プリュフールと同じ土地、ベダリューに新しいドメーヌが誕生しました。その名も、「L’absurede genis de fleurs=ラブシュルドゥ・ジェニ・ド・フルール」

そのドメーヌの名は、フランスの詩人、ジャン・コクトーの、「L’absurede genis de fleurs=花は理屈のない素晴らしさ、そして才能」という詩の一節を引用。都会人でありながら自然に憧れをもち、観察し続けたコクトーの生涯と自分たちを重ね、さらに花のように香り、まるで天空に舞うように軽くエレガントなワインを造りたいという思いも込めてこのドメーヌ名としました。

トムはロワールのミュスカデ出身で、アンジュのジェロームソリニーやヴィーニュドババスなどで経験を積み、ワインだけでなく、その他フルーツの栽培などの複合的な農業に興味を持っていた時に、アクセル・プリュフールとの出会いに刺激を受け、ベダリューの地に自身の根をおろす事を決断します。一方、ミヤはルーマニアの生まれ。お爺ちゃんがワイン生産者で、生まれた時からワインにはなれ親しんでいました。18歳の時にフランス・パリに移り住みながらも自然の中での生活に憧れをいだいていました。そんな2人は自然派的なフィロソフィーを持った人たちが集まる

コミュニティーの中で友人を通して知り合い、お互いに惹かれあったのです。

彼らの夢がスタートしたのが2016年。この年に初めて買い葡萄によりワインを醸造し、わずか2000本のワインを造り出しました。

そして翌年には念願の自身の畑を取得。合計2ヘクタールのその畑は、2つの地域に複数に点在しており、粘土石灰質とシストの異なる土壌で構成されています。そのうちの一つは急斜面で機械もはいる事のできない、畑仕事をするには非常に大変な場所に位置します。標高は約400メートル。ほぼ耕筰放棄状態の畑や、前所有者があまりいい仕事をしていなかった畑などを購入した彼らには今から膨大な仕事がまっています。可能なかぎり自然な栽培を目指しており、畑に使用するのは、銅と硫黄、植物の煎じ薬のみ。一つ救いなのは、畑のまわりのフルーツ農家がビオディナミを実践しており、外からの農薬の影響が全くない事です。剪定の方法を変える。耕す。堆肥を運ぶ。病気に対する対策。などなど、ありとあらゆる事が手作業の選択肢しかありません。それでも畑の中を歩きながら、これからの作業や将来の展望を語る2人は穏やかで、仲睦まじい様子。

希望と、幸せのオーラに溢れた畑の訪問でした。

ベダリューの町の中心にある、小さな建物の一階に彼らの本当に小さな醸造所があります。

1970年から使用していたカーヴで、彼らが借りた時には動物を飼うスペースと2つの古い大樽があっただけでした。いまはここに小型のステンレス&プラスティックタンクと小さなプレス機がところ狭しと並んでおり、収穫時はまるでパズルのようにこの狭い場所でワインを醸造しなければなりません。でもこの狭さが彼ら2人の空気感とぴったり合っているのがなんとも言えません。

各キュヴェにはミヤの故郷のルーマニアの言葉が付けられています。それはトムのミヤに対するリスペクトと、ミヤと共にワインを造っている事を、ルーマニア語を通して伝えたかったからだそうです。ここにもトムとミヤの素敵な愛を感じる事ができます。

まだまだ走り出したばかりの彼ら2人のワイン。もちろん未熟な部分もあるかもしれませんが、2人の愛の結晶が、これからどのように形を変えていくか、とても楽しみではないですか?

LES VINS

Ciulin  - チューラン-

「チューラン」とはルーマニア語で「あざみ」という意味。

樹齢60年の石灰質土壌に植わるテレット・グリとブランの構成。グラスファイバー製タンクにて収穫した葡萄をまるごと15日間スキンコンタクト&発酵。その後、ステンレスタンクにて8か月間の熟成。「チューラン」とはルーマニア語で「あざみ」という意味。テレットが植わっている畑にあざみの花が沢山咲いている事からこのキュヴェ名となっている。アプリコットや桃のような深い香りと、果実味をたっぷり感じる口当たり。

少し冷やし目でアペリティフから魚料理まで、バリエーション豊かに合わせていただけます。

Ploum   - プルーム -

​葡萄から溢れる純粋な水分をイメージさせる液体。

標高400メートルの石灰質土壌に植わる樹齢60年程のサンソー100%の構成。

葡萄を房まるごと1日半という長い時間をかけてダイレクトプレス。その後、樹脂製のタンクにて発酵&6か月間の熟成。「プルーム」とは葡萄が水の中に落ちる音をイメージし、まさにその音のように、葡萄の純粋な水分を感じるワインという意味で名付けられた。レモンやバニラのような風味と、フレッシュで軽やかな口当たり、繊細なのど越しが印象的な白ワインとなっております。

Umbrela   - アンブレラ -

​傘のように包容感、安心感のある味わいと飲み心地。

石灰質土壌に植わるカリニャン95%、のこりシラーで構成された赤ワイン。収穫した葡萄を房まるごと樹脂製タンクにて15日間の発酵。ステンレスタンクにて8か月間の熟成。「アンブレラ」とは「傘」という意味で、真っすぐで裏切らない包容感と安心感のあるようなホッとするワインという意味でこのキュヴェ名を名付けた。

熟した果実の旨味をしっかりと感じる包容力のある味わいと、ここちよい酸のある赤ワインです。この先、5年から10年程楽しめる熟成のポテンシャルをもっています。

Meandres   - メアンドル -

様々な変化を楽しめる「メアンドル=蛇行」するような味わい。

石灰質土壌に植わるカリニャン100%の構成。収穫した葡萄を房まるごと樹脂製のタンクにて15日間の発酵。その後、ステンレスタンクにて8か月間の熟成。「メアンドル」とは「蛇行する」という意味で、飲んでいる内に味わいに様々な変化が起こり、色んな場所を旅しているかのようなワインである事からこの名が付けられた。完熟したフルーツの味わいと、塩気を感じるようなミネラル感、そしてワインの名の通り、様々な表情に変化していく、面白く、楽しい赤ワインです。

Penumbra   - ペヌンブラ -

「ペヌンブラ」とはルーマニア語で「光と闇の間」の意味。

石灰質土壌に植わる樹齢60年のサンソー100%の構成。収穫した葡萄を樹脂製のタンクにて房まるごと15日間のマセラシオン・カルボニック。そして、同じく樹脂製のタンクにて8か月間の熟成。「ペヌンブラ」とは「光と闇の間」という意味で、この畑を購入した時に、畑が光と影に覆われていた事と、ワインの味わいが明るくミステリアスな事からこの名が付けられた。

ジューシーでありながら、バラやお香、胡椒のような香りが漂い、軽やかでありながらミステリアスな雰囲気を醸しだしています。

Arc   - アールク -

3つの区画から収穫されたサンソーを混ぜ合わせたキュヴェ。

石灰質土壌に3つの区画から収穫されたサンソー100%の構成。3分の1は全房、3分の1は除梗、残りはダイレクトプレスのジュースのみを樹脂製のタンクにて混ぜ合わせて15日間の発酵。その後、樹脂製のタンクにて6か月間の熟成。「アールク」とは弓という意味で、このサンソーが収穫される3つの区画を上からみると弓のような形であることから名付けられた。

ペヌンブラよりは大人しい雰囲気ですが、イチゴを丸ごとすり潰したかのような果実味と、繊細な舌触りのある赤ワインです。

Dor   - ドール -

トムとミヤの全ての想いがこもったエレガントな赤ワイン。

石灰質土壌に植わる樹齢84年のカリニャン、アラモン、テレット、クレレット、サンソー、ソーヴィニヨンの構成。収穫した葡萄を軸だけ剪定バサミで切り落とし、粒を潰さないようにタンクに入れ、15日間のマセラシオンカルボニック。

そして樹脂製のタンクにて8か月間の熟成。

「ドール」とはルーマニア人がよく口にする「憂鬱」という意味合いの言葉で、彼らの全ての想いがこもったキュヴェである事からこの名が付けかれた。トロピカルフルーツのような香りと、エレガントで奥行きのある深い味わい。

このワインのボトル画像などはカメラマークをクリック!

SYMPHONIE S.A.  ㈱サンフォニー  ナチュラルで美味しいワインと、生産者の情熱、笑顔を届ける輸入元です。 東京都中央区銀座4-13-3 TEL03-5565-8992