​Domine Bartassou

​ドメーヌ・バルタソウ

from Languedoc​

HISTOIRE

ラングドックに新たなドメーヌが誕生!!モンドマリーのティエリーの力を借りて、美味しくて、安くて、なおかつスルスルと飲みやすいワインを醸造。

4代続く農家の家系出身で若い頃より葡萄栽培に興味を持っていたアントニーと、マルセイユ出身のオードレの2人によって立ち上げられたドメーヌがこのバルタソウです。

彼らは農協にて葡萄栽培を行っていましたが、いつしかドメーヌを設立して自分達のワイン造りをするのが夢でもありました。しかし資金面で問題を抱えなかなか前進できていなかった彼らの独立を手助けしたのが、ドメーヌモンドマリーのティエリーフォレスティエールだったのです。2018年に彼らの夢を受け入れたティエリーが自身の醸造所の一部を貸し、グルナッシュにて造り上げたのがファース

トヴィンテージである2018年のランジュアテールだったのです。そのワインはモンドマリーを訪問する海外の輸入元の目に留まり、彼のファーストヴィンテージはたちまち注目の的となっております。

2019年には完全に農協から独立し、13haの畑を取得。今後の活躍が楽しみな生産者がラングドックに新たに誕生いたしました。

LES VINS

ドメーヌの名の由来

『Bartassou』とは、アントニーの家族の、可愛い話から由来されています。
アントニーの父の名は、ジャン・マルク。アントニーの妹がまだ幼いころ、父の事をうまく『ジャン・マルク』と呼べず、『ママット』と呼んでいました。『ママット』の発音が、『バルタス』に似て聞こえることから、アントニーの父は、『バルタス』(『茂み』の意味)と呼ばれるようになりました。
その流れで、その子供アントニーは、『バルタス―(小さい茂み)』と呼ばれるようになりました。
(フランス語で、言葉の終わりに--ou など付けると、"小さな"、"可愛い" などの意味があります)

Un Petit Grain de Mamour   - アン・プティ・グラン・ドゥ・マムール -

オードレさんが葡萄の魅力にほれ込んだ畑から醸造されたワイン

グルナッシュ70%、サンソー30%の構成。収穫後全ての葡萄をコンクリートタンクに入れ、全房にて6日間のマセラシオンカルボニック。プレス前に軽く葡萄を潰し、その後さらにコンクリートタンクにて熟成。アンプティグランドゥマムールとは直訳すると「少しの愛を」。マムールとはオードレさんのあだ名でもあり、彼女が初めて剪定をし、葡萄の魅力にほれ込んだ畑の名前にでもある。

味わいはバルタソウらしいみずみずしく、葡萄の果実味がストレートに感じる、非常にジューシーな味わいです。

このワインのボトル画像などはカメラマークをクリック!

SYMPHONIE S.A.  ㈱サンフォニー  ナチュラルで美味しいワインと、生産者の情熱、笑顔を届ける輸入元です。 東京都中央区銀座4-13-3 TEL03-5565-8992