top of page

 Le Debit D'ivresse

from Roussillon

ル・デビ・ディヴレス

LucDevot_banner.jpg
IMG_57231111.gif

​2018年からは「カーヴ・アピコル」にて新たに醸造を開始した
リュック・ドゥヴォー。

フランス・ルーション地方、ドメーヌ・ポッシブルのルイックとブー・デュ・モンドのエドワードが築き上げた自由の国 (醸造所)、ジャジャキスタン共和国で2017年に初めてワインを醸造し、翌年からはシルヴァン・レスポ―の醸造所、カーヴ・アピコルにてワインを醸造し始めたリュック・デルヴォー。ドメーヌの名は「ル・デビ・ディヴェルス」。

リュックの職歴はとても豊かで、約3年間マグロやイワシの漁師として働いたものの、一度出航してしまうとなかなか家族の元へ戻れず、娘との時間をもっと作りたいとの思いで、レストランの従業員に転職。7年間レストランで働きながら、ギターやコントラバスの奏者としても活躍。ちなみにジャンルはジャズとメタルをミックスした音楽だそう。そして、以前よりワインに興味を持っていた彼は、そこから同じくルーションの醸造家、ジャン・ルイ・トリブレの元で働き、ワイン造りを学び始め、以前より知り合いだったルイックとエドワードの醸造所 (ジャジャキスタン)に加わり、自身のドメーヌを設立。初のワインを醸造する事となりました。

彼のコンセプトは、飲むためのワイン、食べる為のワインを造る事!

それはドメーヌの名でもある「デビ・ディヴェルス=酔いを与えた人」という意味にも込められています。

そんな彼のワインはとてもジューシーで爽やか。

まさに食事と共に楽しむワインです。

Hydrophobia   - イドロフォビア -

グルナッシュ・グリ 50% シャルドネ 40% マカブー 10%

ラベルのムンクの叫びは、食事中に人々がお水を飲んでいるのを見た時の、生産者リュックの心の中の叫びを表現したデザインとなっています。

メロンやバナナなどのリッチでまろやかな果実味。とても瑞々しくリッチな果実味ですが、青リンゴのような爽やかな余韻、そしてキレのある酸が全体を引き締め、いつまでも飲み飽きない味わいです。

イドロ・フォビア22画像.jpg

Amb Amics   - アンブ・アミックス -

シラー 50% グルナッシュ 50%

「アンブアミックス」とはカタルーニャ語で「友と共に」という意味。友のお陰でワインが造れている!友の支えがなければ何もかもが不可能だった!という気持ちがキュヴェに込められています。

​いつでも気軽に飲める明るい味わいのワインで、ぜひ友人達とワイワイ騒ぎながら楽しく飲んで下さい!

アンブアミクス2020.jpg

My Favorite Things   - マイ・フェイヴォリット・シングス -

グルナッシュ 80%​ ムールヴェードル 20%

キュヴェの名前は、リュックの好きなジャズミュージシャン、ジョン・コルトレーンの名盤「My Favorite Things」から。

エチケットもまさにジョン・コルトレーンをイメージしたデザイン。まさにリュックの好きなものが全て詰まった、リュックの理想のスタイルの赤ワインです。

マイフェイヴァリット2020.jpg

Dans la lune   - ダン・ラ・リュンヌ -

リアドネール・ペリュット 100%

「​美味しすぎて、考えにふけってしまう」という意味が込められたこのワインは、華やかで魅惑的な香りを持ち、ふくよかで複雑身がありながらも、のど越しが繊細で、しつこさのない美味しさがあります。

余韻も非常に長く、全体を通してパーフェクトにバランスの整ったワインと言えます!

ダンラリュンヌ.jpg

P'tit dej   - プティ・デジュ -

マカブー 100%

キュヴェ名の「プティ・デジュ」とは「朝食」の意味で、朝でも飲めるシンプルなワインを造りたいというコンセプトから出来上がったワイン。

フレッシュで清涼感がありながら、果実味もしっかりとあり、まさにキュヴェの名の通り、爽やかな仕上がりとなっています。

プティ・デジュ21画像 (1).jpg

GoulouGoulou   - グル・グル -

シラー 100% 

グルグルとは「Goulou Goulou Dan la Cave (カーブで飲もう!)」とい意味。

まさにその名の通り、フルーツの果実感満載のスルスル流れるように飲める赤ワインです。少し冷やし目でもお楽しみいただけます。

グルグル2020.jpg

L'appat du Grain   - ラパ・デュグラン -

グルナッシュ 60%​ ムールヴェードル 40%

フランス語に「ラパ・デ・ギャン (お金に取りつかれる)」という言葉あり、それに「Grain (葡萄の粒)」をかけ「ラパ・デ・グラン (葡萄に取りつかれる)」と命名したキュヴェ。

南の熟度がありながら、非常にジューシー。生産者本人はこのワインをお供にいつも食事を楽しんでいるとの事。まさに名前のとおり、このワインに惹きつけられたかのように、瞬く間に1本空になってしまう味わい!

ラパデュグラン20画像.jpg
bottom of page