Domine le Vin de Deux

​ドメーヌ・ル・ヴァン・ドゥー

from Bourgogne​

HISTOIRE

​シャブリで最も小さなドメーヌ!ヴァン・ドゥー。

Valerie Gavaud ヴァレリー・ガヴォ―とBill Moysanビル・モアザンの2人によって設立された2014年が初ヴィンテージのドメーヌです。

ヴァレリーは40代。本業は画家。現在は絵だけではなく、本のイラストレーターとしても活躍しています。そしてビルはヴァレリーの彼氏で、コメディアン。とてもワイン好きでヴァレリーをサポートしています。

ヴァレリーの実家は代々シャブリ地方で葡萄を栽培しており、彼女の母も生産者でしたがワインは造っておらず、葡萄は全て農協へ売っていました。その母は2010年に引退し、AOPシャブリの畑、さらに隣り合わせのプルミエ・クリュの畑の約3ヘクタールほどをヴァレリーに譲りました。

彼女は譲り受けた畑をすぐビオディナミと有機栽培に変え、葡萄を農協に売り続けながら現在もゆっくりと土壌をよみがえらせようとしています。

栽培や醸造の学校に通っていないヴァレリーは、幼いころからの畑の中での経験、母から直々教えてもらった栽培法や、知人からおそわったビオディナミを実践。醸造に関してはアリス・オリヴィエ・ド・ムールからのアドバイスなどを参考にして、ワイン造りを行っています。

特にヴァレリーは感受性豊かで、アーティストとしてのインスピレーションとフィーリングをワイン造りでも十分に発揮させており、ここが彼女のワイン造りの最大の利点であることは間違いありません。

ビルも元々ワインが大好きで博学。ワイン醸造の本も沢山読み、二コラ・カルマランやトマ・ピコなど色々な生産者と話し、ヴァレリーと共にワインを醸造しています。

2人のワインは少量生産であるにもかかわらず、すでに大きな評価を得ており、これからますます注目を浴びる生産者であることは間違いありません。

LES VINS

AOC Chablis   - シャブリ -

​1ヘクタールにも満たない小さな区画から生まれるシャブリ

ヴァレリーの母が植えた平均樹齢40歳のシャブリ・ヴィラージュのシャルドネ。粘土石灰質土壌の北向きの区画なので、葡萄の成熟はゆっくり進む。雑草等は長い間刈らずにそのまま放置し、一切農薬は使わない。

手済みによる収穫で、破砕せずに全房にてダイレクト・プレス。

デブルバージュをせずに、オーク樽にて自然酵母によりゆっくりとアルコール発酵・マロラクチック発酵を行い、その後、22時間のシュール・リー。バトナ―ジュは一切行わず、液体を移動されるのも、ポンプ等は一切使用しない。

熟成後、タンクで全てをアッサンブラージュし、スーティラージュ、コラージュ、フィルター掛け等は行わずボトリングをする。

酸化防止剤はボトリング時に15g/Hlのみ添加。

レモンやミントなどの溌溂とした果実味の奥からスパイスのアロマが湧き出てくる複雑な味わい。なめらかな口当たりとのど越しは、他にはない新たなシャブリの表現です。

Chablis 1er Cru Mont de Milieu   - 1級 モン・ド・ミリュ -

​小さな小さなプルミエクリュの区画から圧倒的存在感のワイン

こちらもヴァレリーの母から受け継いだ貴重なプルミエクリュの畑、モン・ド・ミリュ。昔々ブルゴーニュ国とシャンパーニュ国の国境の真ん中にあった山である事から「中心の山」と名付けられたプルミエクリュに平均40年と70年の2つの樹齢のシャルドネを所有。

シャブリと醸造方法は同じで、手済みによる収穫で、破砕せずに全房にてダイレクト・プレス。デブルバージュをせずに、オーク樽にて自然酵母によりゆっくりとアルコール発酵・マロラクチック発酵を行い、その後、22時間のシュール・リー。バトナ―ジュは一切行わず、液体を移動されるのも、ポンプ等は一切使用しない。

熟成後、タンクで全てをアッサンブラージュし、スーティラージュ、コラージュ、フィルター掛け等は行わずボトリングをする。

酸化防止剤はボトリング時に15g/Hlのみ添加。

非常にしっかりとした骨格をもち、なによりも特徴なのは溢れんばかりのミネラル感。最初から最後までこのミネラルに口の中が支配され、永遠に続く余韻を楽しめます。

このワインのボトル画像などはカメラマークをクリック!

ヴァン・ドゥーに関する情報はヴァレリーのフェイスブックにも!

      https://www.facebook.com/pg/le22chablis/posts/

SYMPHONIE S.A.  ㈱サンフォニー  ナチュラルで美味しいワインと、生産者の情熱、笑顔を届ける輸入元です。 東京都中央区銀座4-13-3 TEL03-5565-8992