​Les Maisons Brulees

​レ・メゾン・ブリュレ

from Loire

HISTOIRE

​幸せいっぱいなポールとコリンヌが、メゾンブリュレの新たな歴史を刻む!

トゥーレーヌの北部サンテニャン(Saint-Aignan)という町の丘の上にそのドメーヌはあります。

シェール川を見下ろす斜面にはかつて中世の時代に家が焼かれたという歴史が土地の名称にもなったメゾン・ブリュレ(焼かれた家という意味)が存在します。ドメーヌの名の由来になっているその場所にも葡萄の畑が広がっており、同じくビオディナミを実践するクロ・ロッシュ・ブランシュとノエラ・モランタンの畑も隣接しています。

メゾン・ブリュレが所有する畑の総面積は約8ha。先代のミシェル・オジェはロワールだけでなくフランス各地のビオロジック/ビオディナミ生産者から最も頼られ尊敬されていた、ビオディナミック農法の先駆者であり、ビオディナミでつかわれる有機肥料の効用を熟知するスペシャリストでした。2013年に身体的な理由によりドメーヌを引退したあとミシェルから畑を譲り受けたのが現在の当主ポール・ジレです。とにかく今、彼はワイン造りが楽しくて仕方がない様子。この宝物を、この環境の価値を誰よりも理解をし、大切に維持していくことへの喜びと、新たに造りだしていくことへの期待をもって、毎日努力と挑戦を続けています。

案内された畑の傍らに茂るノコギリ草やカミツレ、イラクサなどを見れば、ぶどうが健やかに育つ環境を整えていることは一目瞭然です。歩いて足元から伝わるふかふかの土壌もよく耕されていることの証しで、まるでぶどうの樹が喜ぶ声がきこえてくるようです。とにかくワクワクするほどのポテンシャルを感じるこの場所。それこそが レ・メゾン・ブリュレです。

ポールと一緒にドメーヌを切り盛りしているのは奥さんのコリンヌ。明るくハツラツとしていて働き者。彼女は3人の子供の子育てをしながら畑仕事を手伝っています。彼女の作るシュークルートは天下一品!アルザス出身のポールも自慢する程の腕前です。二人の間にはいつも幸せな空気が流れていてお互いの信頼関係と充実した生活を送れていることが自然と伝わってきます。

さらに忘れてならないのは彼らにとって最高のパートナーである雌馬のポラリンヌ。彼女はミシェルの時代から畑を一緒に耕してきたこのドメーヌの大切な仲間です。2013年にポールがこのドメーヌを譲り受けた頃と同時期にポラリンヌはオリヴィエ・クザンの牡馬ロメオとの間に農耕馬のサラブレットを誕生させました。

このように力強い仲間が増えていくことも彼らの人生の喜びでもあります。そしてロワールは生産者同士の交流がとても深い地域です。丘の上からシェール川方面を見下ろすと、その先にはシュヴェルニーの生産地が広がっていますが、そこにもお互いに気に掛け合う仲間がいます。周りの生産者との交流を大事にしているのは、いつも仲間や後輩を大事にしてきたミシェルの背中をみてきたからです。また、ポールとコリンヌ、若い二人には全てを吸収する素直さがあります。いつも前向きな彼らが、メゾン・ブリュレの歴史に新たな1ページを刻んでいる事は私たちにとっても幸せなことです。より良い畑と強い葡萄、答えのない真っ当な醸造と、最終的には美味しいワインを造るために一生懸命な彼ら二人のメゾン・ブリュレのワインを、ここでいくつか紹介をさせていただきたいと思います。

LES VINS

Uccello   - ウッチェロ-

​メゾンブリュレのチャーミングなペティヤン・ナチュレル

ドメーヌメゾンブリュレの醸造所の横に位置する、ポールとコリンヌが大好きな畑から収穫される樹齢38年程度のシャルドネとほんの少しだけムニュ・ピノの果汁を入れて造られるペティヤンナチュレル。葡萄を収穫後ダイレクトプレス。キューヴにて発酵途中の液体を瓶詰し、約16か月間の瓶内2次発酵と熟成を経てリリースされたワイン。たっぷりとした葡萄の果実味と長期熟成による複雑な味わいがありながら、華やかでフレッシュ!まるでクリームのような泡立ちと口当りが非常にチャーミングなワインです。暑い時にグイグイと飲みたくなるような食欲をそそるPTNとなっております。

Alterite   - アルテリテ -

​いちごのような果実味たっぷりな魅力的なペティヤン

ミシェルの時代からつくられている人気のロゼペティヤン。樹齢30年程のカベルネ・ソーヴィニヨン単一で造られるこのキュヴェは同じ畑の同じ品種から造られているのに毎年違う表情をみせてくれます。

全房の葡萄をダイレクトプレスし発酵途中のものを瓶詰。発酵期間が長く続き、途中発酵がとまってしまったこともあり、ほんの少しだけ残糖が残っています。

赤いフルーツや完熟したイチゴのようにフレッシュでエネルギッシュな果実味に覆われた、魅力的な味わいのペティヤンとなっています。

Silene   - シレンヌ -

​メゾンブリュレのフラッグシップワイン、シレンヌ!

ミシェルの時代のスアヴィニヨンというキュヴェ。

当時はソーヴィニヨン・ブラン100%ということと、野生を意味するソバージュという言葉をかけた名前ですスアヴィニヨンと呼んでいました。。その名の通り、野生的なニュアンス、いわゆる土地の特徴が前面に表れているキュヴェ。

4つの区画のソーヴィニヨンブランを全てダイレクトプレス。4日間のスキンコンタクト後、コンクリートタンクにて発酵。その後、バリック、フードルなどで12か月間熟成させたもの。

ソーヴィニヨンらしからぬ果実の力強さと溢れんばかりのエネルギーはこのワイナリーの醍醐味です。

ゆっくりと時間をかけて飲んでいただきたワイン。

Ca Me    - サ・ムー -

​ソーヴィニヨンブランの長期マセラシオンワイン

ソーヴィニヨンブランを3週間マセラシオンさせ、バリックで12か月熟成させたワイン。

この区画は、昔サミュエル・ブレ氏が醸造していたので、あだ名の『サム』と名付けました。彼は今でもアルデッシュで自然派ワインを造っています。
又、『Ca me.....』はフランス語のワン・フレーズの最初で、それぞれ自分の言葉でワイン名を埋められるので、面白いと思い名付けられました。
例えば、『Ca m'enchante』=『嬉しいな』、『Ca me fait rever』=『夢みたい』、『Ca m'embete』= 『厄介だな』、などなど。

パイナップルやパッションフルーツのようなエキゾチックなフルーツのアロマ満載の癖になるオレンジ系ワインです。

Cuvee Pinot Noir   - キュヴェ・ピノ・ノワール -

​ピノ・ノワール単一で仕込んだスペシャル・キュヴェ!

ポールとコリンヌが大好きな醸造所の隣に位置するエルドローに使用する樹齢の古いピノノワールにて醸造された、メゾンブリュレのスペシャルキュヴェ!

トータル4週間の全房マセラシオンにて、期間中に1週間に1回ほどのピジャージュを行い、その後プレス。12か月間の樽熟成を経て瓶詰。

非常に凝縮感のあるピノノワールで、果実の詰まった味わいと綺麗な酸にてバランスよく構成されている。

5年~10年くらいの熟成ポテンシャルがあり、将来の味わいがとても楽しみな赤ワインです。

750ml

    &

1500ml

このワインのボトル画像などはカメラマークをクリック!

SYMPHONIE S.A.  ㈱サンフォニー  ナチュラルで美味しいワインと、生産者の情熱、笑顔を届ける輸入元です。 東京都中央区銀座4-13-3 TEL03-5565-8992