​Domine Mont de Marie

​ドメーヌ・モン・ド・マリー

from Languedoc

HISTOIRE

​醸造技術も進化し、モンドマリーの真の美味しさが表現され始めました。

2004年にニーム北部のスーヴィニャルグ村でこの地区の伝統的固有品種、アラモン、サンソー、カリニャンと出会い、300年の歴史ある古いカーヴを借りて、100年前のフランス人が年間あたり1人80ℓ以上飲んでいた時代の、低アルコールでナチュラルなワインを造り始めた、モン・ド・マリーのティエリー・フォレスティエール!

現在に至るまでとにかくぶどう畑の仕事に全身全霊を注いできました。有機栽培にてぶどう畑を耕し、硫黄や塩化銅の使用も最小限に抑えるために手間はかかりますが、一回の噴霧量を減らし、噴霧回数を増やすことで、より自然に対応してきました。ここ最近はビオディナミの自然由来の調合剤の使用にて、更に自然な対応に挑戦しています。ぶどう畑への探究心は尽きる事をしりませんが、ここ数年で醸造に対しても驚くほどの進化しています。それは、自然派ワインのスター的存在、ラングロールのエリックとの出会い、親交がティエリーの醸造を進化させています。もともと試飲会で交流のあった2人でしたが、ティエリーやマス・ローのローランなどスーヴィニャルグ村の自然派生産者達が中心になって主催する試飲会にラングロールも参加し、そこでラングルールのワインを飲み、ティエリーは自然派ワインの更なる高みを知り、そこに到達するための探究を始めたのです。

飲みやすいのに、深みのある、奥行のある、何か心を揺さぶるような感動を与えるワイン。。。

南仏ラングドックは唯でさえ暑いのに、ここ数年は乾燥もあり、どうしても凝縮度の強い、アルコール感のあるワインになってしまいます。その為、マセレーション期間を短くし

て、あまりタンニンを抽出しないようにしてきましたが、それでもエリックのレベルには追い付きません。ここ数年の乾燥で、タヴェルでぶどう栽培を行うエリックにも収穫量の問題が起きています。グルナッシュの栽培量の多いエリックは、花ぶるいや、ミルランダージュ、さらに乾燥で、世界中からの催促のなかでも、なかなか充分な収穫量がありませんでした。そこで目をつけたのが、ティエリ-の栽培するアラモン。

樹齢80年のアラモンを使って、エリックがネゴシアンブランドでワインを造りを行い、ティエリーが栽培をしたぶどうが、エリックによって素晴らしい高品質のワインとなるのを目のあたりにしました。ぶどうには100%の自信を持っていたティエリーは、エリックと自分の違いは何なのかを疑問に持ち、エリックに醸造について、長い時間をかけて問いかけていきました。

ティエリーの目指すワインは、ぶどうがそのままボトルに入っているようなワイン。

いかに健全なぶどうを収穫し、そのポテンシャルをそのままボトルに入れ込むのか。その為にティエリーが行った改革が、ぶどう収穫のケースをぶどうが潰れないサイズに変え、ぶどうをタンクに入れる際のポンプの使用をやめました。300年前に造られた、古いカーヴは全て自分の思うようにはできませんが、なるべくぶどうを潰さず、タンクに入れることで、ほぼ完ぺきなマセラシオン・カルボニックを行うことによって、抽出を押さえ、ぶどうの果実味、旨みだけ抽出する方法を体得したのです。

マセラシオンの期間も以前よりさらに短くし、ワインの色には味は無い!というエリッ

クの言葉に目が覚めました。

すでにぶどう畑での作業はやり尽くしてきたティエリー。たったこれだけの事のように思えるかもしれませんが、エリックから学んだ方法を取り入れただけで劇的にワインの質が変わったモン・ド・マリー。飲みやすく、エレガントでエネルギーを持ったワインに進化したのです。

LES VINS

Anathem Blanc  - アナテム・ブラン -

消えゆくラングドックのローカル品種を表舞台に!!

砂岩土壌に植わるウニブラン70、ヴィオニエ15、カリニャンブラン15%の構成。収穫したもをダイレクトプレスし、300~400リットルの木製樽で発酵。その後、同じく木製樽でに8か月間の熟成を行い、瓶詰したもの。

キュヴェ名の「アナテム」とは「滅ぼす」などを意味し、過去50年間、ラングドックではローカル品種がメジャーな品種に植え替えられた事から、地品種のウニブランやカリニャンブランなどに注目し、使用する事により、「アナテム」と名付けられてキュヴェ。

Anathem Rouge   - アナテム・ルージュ -

アナテムの赤はモンドマリーのフラッグシップワイン。

砂岩土壌に植わる、カリニャン、サンソー、グルナッシュの構成。収穫した葡萄を各品種ごとに分け、房まるごとエナメル製のタンクに入れ、5日間の発酵。同じくエナメル製タンクにて10か月間の熟成を行い、最後にアッサンブラージュ。白と同じく「滅ぶ=アナテム」な品種であるカリニャンやサンソーをメインとして、醸造したモンドマリーのフラッグシップワイン。南フランスのワインとは想像できない、フレッシュな酸味と、サクランボやスミレなど繊細な果実味を持ち、スルスルと全くひっかかりのない爽やかな仕上がり。

Salve Ager   - サルヴァ・アゲール -

​毎朝、このワインの畑にむかって「こんにちは!」

砂岩土壌に植わるグルナッシュ40、サンソー60%の構成。

収穫した各品種をコンクリートタンクにて房まるごと4日間の発酵。さらに同じくコンクリートタンクにて9カ月間の熟成を行い、酸化防止剤無添加にて瓶詰したキュヴェ。

キュヴェの名前の「サルヴァゲール」とは「我が畑よ、こんにちは」という意味で、ティエリーが毎朝この畑を訪れる度に思う言葉をそのままキュヴェ名にした。

アナテムルージュに比べると果実の凝縮感があり、野性のベリーや、森のような香り、ミネラルを感じる赤ワインとなっています。

Aramonix   - アラモニクス -

アラモンの本当の美味しさが表現された素晴らしいワイン。

粘土質土壌に植わるアラモン80、グルナッシュ20%の構成。

収穫した2つの葡萄を一緒にエナメル製のタンクにいれ、房まるごと4日間の発酵。同じくエナメル製タンクにて9カ月間の熟成。酸化防止剤の添加なしで瓶詰したキュヴェ。

フランスの有名な漫画にでてくる祭司「パノラミクス」と「アラモン」を掛け合わせたキュヴェ名。

新鮮なフルーツをまるごとかじっているかのような瑞々しさと、心地よい酸味が癖になる、ジューシーで果実味たっぷりな赤ワインです。

このワインのボトル画像などはカメラマークをクリック!

SYMPHONIE S.A.  ㈱サンフォニー  ナチュラルで美味しいワインと、生産者の情熱、笑顔を届ける輸入元です。 東京都中央区銀座4-13-3 TEL03-5565-8992