​Chateau de Roquefort

​シャトー・ド・ロックフォール

from Provence

HISTOIRE

​テロワールを忠実に表現したプロヴァンスのトップ・ドメーヌと言えば、シャトー・ド・ロックフォール!

コート・ド・プロヴァンスの国立公園に位置する、標高1042mのサン・ボーム山の麓にある標高400mのベルト村はまさにセザールのサン・ヴィクトワールの絵画のような場所。そこにプロヴァンス地方トップクラスのフィネスとエレガンスを併せ持つ素晴らしいワイン生産者、シャトー・ド・ロックフォールのレイモンド・ヴィルヌーヴ氏がいます。

ヴィルヌーヴ家は1812年より代々と引き継がれてきたシャトーのオーナーで、27haの畑をコート・ド・プロヴァンスのアペラシオンに所有しています。現当主のレイモンドはブルゴーニュのモメサンでワイン造りを学び、95年にプロヴァンスに戻ってからは、ビオディナミにて畑の栽培を行っています。栽培する品種はこの地方の特徴的なもので、グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル、サンソーやクレレットなどバラエティーに富んでいます。すり鉢状に広く広がる地形に、土壌は粘土石灰質の構成となっています。北や北西向きに位置する畑が多く、そのおかげで太陽の影響を多く受け無いことや、標高の高さゆえの激しい寒暖の差が、ワインにフレッシュ感やきれい

な酸を残します。まさにこれがロックフォールの透き通るような透明感のあるワインを生み出す秘密の一つでもあります。現在、ロックフォールは5つのキュヴェを造っています。2つの白ワイン(レジェネ&プティサレ)、1つのロゼワイン(コレイユロゼ)、2つの赤ワイン(レ・ミュール&ギュールドルー)を中心に年によって違うキュヴェも仕込みます。

醸造に関しては収穫した葡萄は選果機に流しながら徹底的に選果し、ステンレスもしくはコンクリートに投入。発酵温度を18度から23度に保ちながら、発酵を進めます。熟成に関してはレ・ミュール以外の全てのキュヴェはコンクリートもしくはステンレスで行い、瓶詰をします。レ・ミュールは40hlのフードルにて熟成を行います。最大限に自然をリスペクトしながら、バランスのよいワインを造り上げるのがロックフォールの信念です。

ロックフォールのワインの奥から溢れんばかりに湧き上ってくるミネラル感と清涼感は、通常のプロヴァンスワインをイメージして口に含むと、度胆を抜かれる仕上がりです。まさにプロヴァンスの土壌・テロワールがそのまま表現された、

トップ・オブ・プロヴァンス・ワインであることは間違いありません。

日本にも彼のワインのファンが沢山いますが、それはミネラル豊富な日本の食材とロックフォールのワインが最高のマリアージュを表現してくれるからに違いありません。

一人でも多くの日本人に彼のワインをお試しいただければと思っております。

LES VINS

 Petit Sale Blanc   - プティ・サレ・ブラン -

​ロックフォールの中でも大人気の白ワインです。

クレレットを主体にユニブラン、ヴェルメンティーノのブレンド。プロヴァンス地方のクレレットの別名が“Le Sale”であることからこのキュヴェ名が名付けられた。各品種を最大限に熟すまで待ち、それから収穫。軽く除梗し、プレス機にかけ果汁のみをステンレスタンクもしくはコンクリートタンクにて発酵。発酵温度は常に18度から23度に保つ。同じく上記の2つのタンクにて熟成を行い3月ごろに瓶詰。年間生産量は35000本ほど。

味わいは非常にフレッシュで、ミネラリー。非常に透明感があり、フローラル。白桃やレモンを思わせるアロマ。ロックフォール特有の石灰岩土壌からくるミネラル感を感じる白ワインです。

Le Gents Blanc   - レ・ジェネ・ブラン -

​華やかで奥行きがあり、複雑な表情をみせる白ワイン!

ヴェルメンティーノ100%。9月まで完熟させたヴェルメンティーノを収穫、選果を行い、数時間のみ8度ぐらいの温度帯で果皮と漬け込みを行う。その後プレス機にかけ、18度から23度の温度帯にて発酵させる。熟成はコンクリートタンクで行い、2月に瓶詰。年間生産量は8000本ほど。

プティサレに比べると非常に華やかで、柑橘や洋梨のような果実味があり、非常に奥行きのある味わい。火打石からくるミネラル感も。

複雑な表情を持つ、ゆっくりと時間をかけて味わっていただきたい白ワインです。

Corail Rose   - コライユ・ロゼ -

​ロックフォールといえば、このロゼ!これぞプロヴァンス。

グルナッシュノワール、シラー、サンソー、カリニャン、クレレットのブレンド。収穫した葡萄はダイレクトプレス、もしくは8時間ほどの低温浸透を行い、ステンレスもしくはコンクリートタンクにて発酵を行う。収穫は9月中旬に行うが、他のキュヴェと同じく北向きの区画による綺麗な果実味と酸が残る。

ワインの移動も可能な限り重力システムで行い、年間11万本ほどの生産量。

アプリコットや柑橘、スパイスなどの複雑なニュアンスがありながらも、味わいは非常にフレッシュでミネラリー。飲めば飲むほど癖になる、ガストロノミックなワイン。ロックフォールといえば、このロゼワインです。

Gueule de Loup   - ギュール・ド・ルー -

ロックフォールのシンプルなコンセプトの赤ワイン

グルナッシュノワール80、サンソー10、カベルネソーヴィニヨン10パーセントのブレンド。

収穫した葡萄を選果台にかけ、除梗しコンクリートタンクに投入し発酵。

ロックフォールの中でも、居酒屋などで軽くスルスルと飲んでもらいたいという、シンプルなコンセプトの赤ワインで、熟したサクランボのような赤い果実のニュアンスと、スルスルと喉を通る果実味が特徴的。シンプルで美味しい!喉の渇きを心地よく癒す!そんなプロヴァンスワインです。

Les Mures Rouge   - レ・ミュール・ルージュ -

​プロヴァンスの香り漂う、スパイシーな果実味!

グルナッシュ・ノワール40%、カリニャン30%、シラー20%、サンソー10%のブレンド。醸造はギュール・ド・ルーと同じく除梗しコンクリートタンクにて行う。マセレーション期間は長いが、25度以上上がらないように温度コントロールを行い、過度な抽出和避ける。熟成は35hlと40hlの大樽にて行い、複雑でより落ち着きのある赤ワインに仕上げている。

プロヴァンスらしい熟した果実味と、香草のアロマ。スパイスや野性的ニュアンスもありながらエレガントなタンニン。赤身の牛肉などのしっかりとしたお料理に最適です。

このワインのボトル画像などはカメラマークをクリック!

SYMPHONIE S.A.  ㈱サンフォニー  ナチュラルで美味しいワインと、生産者の情熱、笑顔を届ける輸入元です。 東京都中央区銀座4-13-3 TEL03-5565-8992